犬のしつけ−食事編

犬の食事は毎回、決まった時間に決まった場所で与えることが大事です。
食べない場合、あとで食べるだろうと置いたままにしてはいけません。すぐに下げて下さい。

 

なぜなら、決まった場所で決まった時間にしか食事はもらえないという習慣を犬に身につけさせることで、人間はいつでも自分の好きな時に食事をくれる都合の良い存在ではないという認識をもたせることができるからです。

 

人間のほうが犬より序列が上であると認識させることが犬のしつけの第一歩です。
かわいそうに思うかもしれませんが、長い目で見れば犬のためです。我慢しましょう。

 

また食事中に手を出されると噛み付いたり威嚇する犬もいますね。
こうした態度をつけないためには、子犬の時から食事中に食器に触るようにしたり、
人間がそばにいるようにして慣れさせて下さい。

 

人間が食べている物を欲しがる犬もいますね。
犬の健康のためにも、人間の食事は絶対に犬にあげてはいけません。
一度でもあげると、犬は貰えるものと期待してしまいます。

 

人間の食事中にはゲージに入れたり、別の部屋に行かせたりして、
人間の食事風景を見せないようにするのも良いでしょう。