犬のしつけ−トイレトレーニング

トイレのしつけはいつから始めたら良いのか、という質問をよくされるのですが、
トイレトレーニングは犬を迎えたその瞬間から始まります。
そして飼い主の側には犬を迎える前から、どこを犬のトイレにするのか、
どのようにトイレをしつけるのかの準備が求められます。
犬のトイレの場所は、人気の少ない場所にして、
コロコロ変更することのないようにして下さい。犬が混乱することのないためです。

 

犬のトイレのしつけで最も大切なのは、習慣づけです。
犬が進んでトイレに行く時だけでなく、
おしっこやうんちをするタイミングを見計らって定期的にトイレに連れて行って下さい。

 

犬の排泄のタイミングは、起きた直後と食事の後、そして運動した後です。
たとえその時にうんちやおしっこをしなくても、
トイレに行くことが習慣づけられるので覚えやすくなります。

 

犬がトイレを失敗してしまったら、すぐに失敗した場所の匂いを嗅がせて、「ダメ」「いけない」などの短いはっきりとした言葉で叱って下さい。

 

大切なのは、失敗したその時に叱ることです。
時間が経ってから失敗を発見したら、今回は諦めましょう。
時間が経ってから叱られても、犬はなぜ叱られているのか理解できず効果がないどころか、
飼い主との信頼関係にヒビが入ってしまうからです。

 

また犬は匂いの残っている所に再びおしっこをしようとしますので、
再度の失敗を誘発しないよう失敗した場所の匂いを完全に消してあげることも大切です。