犬のしつけ−無駄吠え対策

愛犬が飼い主や他の人に無駄吠えしたり噛み付いたり、
はたまた脱走や放浪という問題行動を起こす事があります。

 

そのような場合には、犬をせめるのではなく、
飼い主の側の行動を振り返ってみていただきたいと思います。

 

飼い主の側がしつけのつもりしていることも、
犬は褒められていると勘違いしてどんどん問題行動を増長させている場合があるからです。

 

犬のしつけに最も重要なのは、タイミングです。
ご褒美も罰も、対象となる行動の直後に与えられないと何の効果もありません。

 

タイミングを間違えると叱ったつもりが、
遊んでもらっていると勘違いさせてしまうこともあります。

 

また問題行動という表面的な事実だけではなく、なぜ吠えるのか、
噛むのかという原因を探しだして問題の根本解決を図ることが、
飼い主と愛犬双方の幸せに繋がります。

 

例えば飼い主に対する無駄吠えの原因として多いのは、要求吠えです。
散歩や食事の要求、愛情やスキンシップの欠如によるストレスから吠えることが多いようです。
犬は案外ストレスに弱い生き物です。体と心を満足させてあげると、自然と要求吠えは減るはずです。

 

また他人や動物への無駄吠えは、怖がって吠えることが多いようです。
臆病だったり神経質だったりという犬の性格によるものも多いので、
無駄吠えの多い時間帯は、家の中に入れてあげるなどして怖さを軽減してあげる事が、
無駄吠えの解消につながります。

 

こうした対策を講じても無駄吠えが治らない場合は、
吠えた直後に大きな音を鳴らすなどして、
吠えると不快なことが起きると覚えさせる事も無駄吠え軽減に効果があります。