犬のしつけ−噛み癖と脱走対策

犬の噛み癖の原因は、子犬と成犬とで異なります。
子犬の噛み癖は、歯が生えてくる際に歯ぐきが痒くて噛んでしまうものです。人
間の赤ちゃんと同じですね。これは、犬用のガムやおもちゃを与えることで対処出来ます。

 

そして子犬の噛み癖は痛くないのですが、
この時期に人や物を噛んではいけないとしっかりしつけることが大切です。

 

噛まれたら「痛い」と大きな声で叫んで、犬を無視して下さい。
これを繰り返すうちに子犬は、噛んでも怒られるだけで何の効果もないことを学習します。
この時期に噛み癖をなくすようしつけると、成犬になった時に楽になります。

 

成犬の噛み癖は、少し厄介です。愛情不足や運動不足によるストレスや、
恐怖心を感じた時に自分の身を守ろうとする防衛本能からくるからです。

 

よくかまってあげたり怖いと思う原因を除去するなどと共に、
飼い主の方が犬よりも序列が上なのだと、しっかり理解させて下さい。
上下関係の確立は、犬に安心感を与えるので大切です。

 

脱走や放浪の原因は、発情期によるもの、運動不足、遊びたいということがあげられます。
普段から飼い主がよくかまって遊んであげることで、脱走の原因を解消することができます。

 

さらに、万が一脱走してしまった時や災害時の為に、
首輪に名前や住所を書いた名札を付けておくと良いでしょう。