犬のしつけ−命の危険を招く拾い食いをやめさせる

散歩中の犬が異物や毒物の混入した食べ物を拾い食いして、
命を落としたり病院に運ばれたというニュースを耳にされたこともあるかもしれません。
散歩中の拾い食いは愛犬の命にかかわるため、絶対にやめさせるべき悪癖です。

 

拾い食いをやめさせるのに気をつけたい点があります。
犬が一度口に入れたものを取り上げても、しつけの観点から言えば何の効果もありません。
手に入れた獲物を取り上げられたという記憶しか残らないからです。

 

大事なのはタイミングです。犬が落ちているものを口に入れようとするまさにその瞬間に、
声を出しやめさせることが肝心です。

 

拾い食いをやめさせるしつけの方法は次のとおりです。
まず散歩中に飼い主がわざと食べ物を落として、そこに近づきます。
必ずリードを付けて、短めに持って下さい。

 

犬が落ちている食べ物に関心を示したその瞬間に、「いけない」と言いながらリードを強く引きます。
犬の動きに意識を集中して、絶妙のタイミングで「いけない」と言えるようにしましょう。

 

そして落ちている食べ物を踏みつけたり、
遠くに蹴ったりして犬の口に入らないようにします。

 

この訓練を、リードを緩めたり再び食べ物の近くに行っても犬がそれに興味を示さなくなるまで、何度も繰り返して行なって下さい。

 

きっと愛犬の拾い食いを、やめさせられるはずです。