リードを使ったしつけ

犬の問題行動を抑制するのに有効なのは、リードを使ってしつけることです。
例えば、来客時に犬が興奮して吠え続けてしまうことはありませんか。

 

そんな時は、長めのリードをつけて居間につないだ状態でチャイムを鳴らしてみて下さい。
犬の様子をよく観察し、興奮して吠え始める前に、「いけない」とリードを引きながら注意して下さい。
飼い主のそばでおすわりとマテをさせて落ち着かせてから、リードをつけて玄関に行きましょう。

 

飼い主が玄関ドアをあける前に、犬が興奮して飼い主より前に出ようとするなら、
リードを引いたり鼻先を叩いて叱ります。

 

ここでもおすわりとマテで落ち着けたら、来客役にドアを開けてもらいましょう。
この際、興奮して飛びかかろうとするなら、
すぐに「いけない」と言いながらリードを強めに引きます。

 

これを繰り返すうちに犬はチャイムの音や来客にも慣れ、
どう行動すべきかを学んでいきます。

 

また散歩中に、犬が飼い主を引っ張って歩いている光景も目にしますね。
特に、大型犬の場合はなかなかしつけにくいものです。
この場合もリードを使ったしつけが有効です。

 

まずリードの先端を右手で持ち、左手でリードの中程を持ちます。
そして犬が自分勝手に歩きそうになったら、
すぐ飼い主が右回りに90度から180度キュッと方向転換します。
その後素早く犬を横に付けさせて5歩から10歩歩き、また同じように方向転換します。

 

この突然の方向転換を一回の散歩中3から5回程行なってみて下さい。
犬が次第に飼い主を意識し、見上げるようになってきたら成功です。

 

飼い主主体の散歩が、自然にできるようになることでしょう。
毎日の散歩も犬のしつけの絶好のチャンスです。
犬がいつも飼い主を意識して行動するようにしつけていきましょう。