大げさなくらい褒めてしつけよう

犬のしつけでまず思い浮かべるのは「おすわり」と「お手」ではないでしょうか。
「おすわり」を教える時には、まず犬にリードをつけて飼い主の横につけさせます。
そしてリードを軽く上げながら「おすわり」と言います。
慣れるまでは、「おすわり」と言いながら犬のお尻を押さえて、
おすわりの体勢をさせるとスムーズでしょう。

 

「おすわり」の言葉とともに座れたら、
大げさに思えるほどにおもいっきり褒めてあげて下さい。

 

「おすわり」と言いながらリードをあげて、出来たら思いっきり褒める、
これを繰り返すうちに自然に「おすわり」のしつけが完了するはずです。

 

「お手」も「おすわり」に次いで犬のしつけで人気のコマンドですが、
実は犬の生活でこの「お手」はさほど重要な行動ではありません。
でも飼い主との上下関係をはっきりさせる為のしつけの一環として、
教えるのも良いでしょう。

 

「お手」の教え方も簡単です。飼い主の向かい側で犬をおすわりさせます。
そして犬の右手を軽く持って上にあげてから、
手のひらを広げて「お手」「お手」と言います。

 

この場合も「お手」ができたら、思いっきり褒めておやつをあげましょう。
この過程を根気強く繰り返すうちに、自然と「お手」を習得していきます。
「おかわり」も同様です。「お手」の手順を、逆の手で繰り返すことで簡単にしつけることができます。