褒めて教える「ハウス」と「待て」

犬のしつけで「ハウス」を教えるコツは簡単です。
ハウスの中に犬のおやつを入れます。

 

犬が入りそうになったそのタイミングで、「ハウス」と声をかけます。
そしてハウスに入ったら、大げさな位褒めてあげましょう。
これを繰り返すうちに「ハウス」と言われるだけで、入っていくようになります。

 

「ハウス」を覚えてしばらくはまだ定着していませんから、
できた時には思いっきり褒めることと、
おやつをあげて褒めることを忘れないようにして下さい。

 

また最初のうちは「ハウス」と言われて入った後、すぐに外に出してあげるようにすると、
犬が「ハウス」=閉じ込められるというネガティブな意識を持たないように助けられます。

 

「待て」を教えるのに最適なのは、食事時です。
食事を見て興奮する犬の身体を押さえて、「待て」と声をかけます。
数秒後に「よし」という声とともに手を離して自由にさせます。
これを繰り返すうちに、「待て」で動きを止め、「よし」で動くという事を覚えてきます。

 

犬のしつけで大切なのは、何度も繰り返し教える根気強さと大げさなほどに褒めることです。褒められて覚えたことは、よく定着します。
褒められると嬉しくて、もっと頑張れるというのは人も犬も同じですね。